本文へ移動

清瀬社協以外の団体が実施する助成

令和3年度 助成金情報一覧

※助成金情報の「名称」をクリックすると、該当の助成金ページへ移動します
    名称
 応募締切
     助成対象
  助成金額

 
 2022年
  1月25日
ボランティア・市民活動団体、またはそれらを推進している民間NPOで、
①学習会、研修会
②調査、研修の実施
③器具・器材の開発購入
④活動に関わる市民への啓発実施
⑤ボランティア・市民活動団体へによる先駆的・モデル的活動
⑥その他
に対して助成。
1件あたりの上限額
50万円
   12月25日
障がい者への社会参加と自立を促進し、障がい者の福祉の向上に貢献すると見込まれる活動を行う団体に対して助成。
1件あたりの上限額
30万円
   11月30日
障がいのある方の幸せにつながるっ事業・活動等に対して助成。福祉事業所に限らずボランティア団体、サークル等幅広い活動を支援。
1件あたりの上限額
100万円
  11月30日
高齢者・子ども・障がい児(者)を含めた地域ぐるみの助け合い・支え合い活動等で新たにはじめる
事業に対して助成。
1件あたりの上限額
15万円
 11月15日
社会福祉法人及び特定非営利活動法人、任意団体等が実施している福祉事業のうち、比較的小規模な施設の事業充実のため、また障がい者支援等で財政的な裏付けの少ない先駆的な試みや開拓的な事業活動に対して助成。
1件あたりの上限額
20万円
 10月31日
4名以上のメンバーが活動する団体・グループで、同じ地域やコミュニティで生活する一員として、地域における福祉向上に関わる、幅広いボランティア活動を実施する団体に対して助成。
1件あたりの上限額
30万円
  9月30日
東京都内の社会福祉施設(障がい者福祉施設、児童養護施設)に設置される、床暖房、省エネ、環境対策等に施設改造に対して助成。(老人福祉施設、幼稚園、保育所は対象外)
1件あたりの上限額
100万円
  9月15日
①子どもの居場所づくり活動
②子どもの学習支援活動
③貧困家庭の子ども支援活動
④育児放棄や子どもの虐待防止活動に対して助成。
※ただし20名以上での活動や5年以上の活動実績等いくつか要件があります。

1件あたりの上限額
50万円
  9月15日
①高齢者・障がい児者、子どもへの支援活動及びその他、社会的意義の高いボランティア活動。
②地震、豪雨等による大規模自然災害による被災者支援活動。
1件あたりの上限額
30万円
 7月12日
活動が制限されている子どもたちのための居場所の開設や拡充などコロナ禍において、新たに始めた又は始めようとする事業に対して助成。
1件あたりの上限額
100万円
  7月9日
「自動車購入費助成」では、障害の有無にかかわらず、すべての人が地域の中でともに支えあいながら暮らすことのできる社会づくりの一助となるべく、自動車を購入する費用を助成。
1件あたりの上限額
120万円
 6月27日
社会的ハンディキャップを抱える
子どもたちを支援する団体、活動や事業プロジェクトに助成を行う。子どもたちが地域社会などと関りながら、より人間らしく健全に成長できるための直接支援などを対象。
1件あたりの上限額
50万円
 6月15日
地域における高齢者・障害者・子ども等に関する複合的な生活課題に、地域住民が主体となって、包括的な支援を行う活動に必要な資金を助成。
1件あたりの上限額
30万円
 5月21日
高齢者を主な対象として活動するボランティアグループおよび地域共生社会の実現につながる活動を行っている高齢者中心のボランティアグループに対し、活動において継続的に使用する用具・機器類の取得資金を助成。
1件あたりの上限額
10万円

 5月25日
シニアのボランティア活動を支援することにより、ボランティア活動の振興や社会福祉の向上を目的に助成。
1件あたりの上限額
10万~20万円
 5月17日
東京都内において社会的な貢献活動を行う都内に事務所を置く市民活動団体(ボランティア団体とNPO団体を優先する)を対象に助成。
1件あたりの助成額
100万円

 5月10日
新型コロナウイルスの影響によって、居場所や経済的困難に陥った人たちに対する次のような支援活動に助成。
・相談支援活動
(DV/虐待/子ども若者相談支援)
・居住支援活動
・学習支援活動
(対面/オンライン学習)
・外国ルーツ支援活動
・生活支援活動
(生活必需品の提供など)
・食支援活動
(フードバンク/パントリー)
1件あたりの上限額
300万円
TOPへ戻る