本文へ移動

赤い羽根共同募金

赤い羽根共同募金とは?

 毎年10月に行う共同募金運動です。清瀬市内でお寄せいただいた募金の約3分の2は、主に清瀬の社会福祉施設の整備に充てられます。その他は東京都全体で配分を決定し、必要な社会福祉事業に配分されます。 

 災害時のボランティアセンター整備にも活用され、東日本大震災をはじめ各地の被災地支援活動にも活かされています。
 
 配分例)*障害者施設のロッカー、机、いす、遮光ロールカーテン、空気清浄器等の整備
     *障害者の社会参加事業
     *保育園の熱中症対策備品の整備
 

令和元年度「赤い羽根共同募金運動」が始まります

この募金は、高齢者や障害者、保育園など清瀬市内の福祉施設や、広く都内全体の福祉活動、その他災害時の支援活動に役立てられます。(詳しくははねっとでご覧ください)募金に協力するには、次のような方法があります。
 ①窓口へ
 【受付:平日8時30分~17時】
  ◆社会福祉協議会(コミュニティプラザ2階)
  ◆障害者福祉センター
  ◆清瀬市役所地域包括ケア推進課(健康センター1階)
  ◆松山出張所・野塩出張所
 【受付:日曜・祝日除く9時~17時】
  ◆きよせボランティア・市民活動センター
 ②赤い羽根募金箱へ  
  ◆公共施設
  ◆スーパー・コンビニの一部店舗
  ◆福祉施設の運営するカフェ等 
 ③街頭募金
  ◆10月1日(火)16時~18時 清瀬駅北口・南口 
  ◆10月2日(水)8時~11時 清瀬駅北口・南口
  ◆10月20日(日)市民まつり ※社協ブースで募金運動を実施しています。
 
ご協力よろしくお願いいたします。    
 
   

平成30年度「赤い羽根共同募金」のご報告

10月1日から行われました「赤い羽根共同募金」には、多くの皆様より温かいお気持ちをお寄せいただきました。
 募金総額:760,991円
この募金は、高齢者や障害者、保育園など清瀬市内だけでなく、広く都内全体の福祉活動に役立てられます。(詳しくははねっとでご覧ください)
ご協力ありがとうございました。   

トピックス

TOPへ戻る