本文へ移動

歳末たすけあい運動

歳末たすけあい募金とは?

 毎年12月に社会福祉協議会が中心となって行う募金運動です。
お寄せいただいた募金は、要援護者への見舞金や緊急援護金の交付、ボランティア講座の実施費用のほか、地域のたすけあい活動に対して配分されます。
 お一人おひとりの善意が、きよせの福祉に役立てられます。

 平成30年度「歳末たすけあい運動」のご報告

歳末たすけあい募金へのご協力ありがとうございました

 12月1日から「つながり ささえあう みんなの地域づくり」をスローガンに、歳末たすけあい運動を実施してまいりました。
   募金総額:1,759,013円
 
 募金箱設置にご協力いただいたお店や事業所、街頭募金にご協力くださった方々、歳末カレンダー市においでくださった方々、その他にも、自治会の中で、地域の集まりの中で、職場の中で、、、様々な形で多くの皆様にご協力をいただきました。
 この募金は、清瀬において、養護児童の自立支援金や被災者への見舞金の他、地域のつながりづくりや地域の福祉力を高めていくたすけあい活動に活かされます。(詳しくははねっとをご覧ください。)
 おひとりおひとりの善意が大きな力になります。本当にありがとうございました。 

平成29年度 「歳末たすけあい運動」募金実績額のご報告

ご協力ありがとうございました。

 昨年12月に実施しました「歳末たすけあい運動」募金の最終報告は、1,753,055円です。お寄せいただいた募金は、共同募金会配分推せん委員会で審議のうえ、平成30年度に行われる清瀬の地域福祉を推進する取り組みに活用させていただきます。 
 皆様のご協力大変にありがとうございました。
TOPへ戻る